<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

保険法が成立

おおすぎ先生が、国内にいない間に、商法分野に大きな転換が。

1世紀ぶり改正、新保険法が成立…第3分野に規定新設(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080530-OYT1T00405.htm

成立した法律は以下。法務省のホームページより。

保険法案
http://www.moj.go.jp/HOUAN/hoken/refer02.pdf

是非とも新保険法を勉強したいものです。

※「保険法」は、新司法試験の出題範囲にならないでしょう。しかし、実務的には大変重要なので、野村修也先生の奮闘で、気がついたら範囲に入っていたりして。
[PR]

by espans | 2008-05-30 23:33  

弘文堂新刊情報

弘文堂近刊情報
http://www.koubundou.co.jp/books/kinkan.html

予備校の伊藤真さんの試験対策シリーズの改訂などがあります。
さて、私が注目しているのは以下。

小林秀之=山本浩美著『担保物権法・民事執行法(新・論点講義シリーズ5)』
http://www.koubundou.co.jp/books/pages/31232.html

既に近くの本屋に並んでいました。
手続法(特に民事執行法)とのリンクがなされている画期的な一冊です。
担保物権法を一通り学習された方に、おすすめできるでしょう。

そして、いよいよ・・・

平井宜雄『債権各論 I 上 -契約総論(法律学講座双書)』
http://www.koubundou.co.jp/books/pages/30242.html

出ます。
しかし、契約総論まで・・・。
[PR]

by espans | 2008-05-30 23:18  

後部座席のシートベルト義務付けなど

おはよん!
おはようございます。

道路交通法の一部改正について、6月1日から施行されるものがあります。
以下、大阪府警のホームページより。

被害軽減対策について(平成20年6月1日施行)
http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/kotsu/kotsuho/index_2_1.html

後部座席についても、シートベルトの装着が義務付けられます。

その他、

自転車利用者対策について(平成20年6月1日施行)
http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/kotsu/kotsuho/index_3_1.html

一定の対象者について、歩道での自転車運転が認められるなどの改正。

高齢者運転対策等について(平成20年6月1日施行)
http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/kotsu/kotsuho/index_4_1.html

いわゆる「もみじマーク」の義務付け。
※ただし、マークをつけていない場合でも、当面は指導にとどまるようです(参照:毎日jp:改正道交法:「もみじマーク」を義務化 反則金、1年先送り)。

なお、6月1日より施行の改正道路交通法のポイントを要領よくまとめたページが以下。

平成20年6月1日施行の改正道路交通法のポイント(栃木県庁)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/life/koutsuu/anzen/1209096888544.html
[PR]

by espans | 2008-05-30 06:24  

テレビ寺子屋・偽ブランド品の輸入規制

テレビ寺子屋 偽ブランド品の輸入規制<5/28 17:42> (日テレNEWS24)
http://www.news24.jp/110405.html
[PR]

by espans | 2008-05-28 21:28  

ドキュメンタリー映画

短編ドキュメンタリー映画「つくられる自白~志布志の悲劇」完成披露試写会(日弁連ホームページ)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/080623.html

---引用はじめ---

日時 2008年6月23日(月)18:00~20:00
場所 弁護士会館2階 講堂クレオ(会場地図)
千代田区霞が関1-1-3
地下鉄 霞ヶ関駅(B1-b出口)から徒歩1分
参加費 無料
内容 映画上映
パネルディスカッション
パネリスト
・毛利甚八氏(漫画「家栽の人」原作者・本映画の脚本を担当)
・池田博穂氏(監督)
・野平康博氏(志布志事件弁護人)

コーディネーター
・小池振一郎(刑事拘禁制度改革実現本部)
質疑応答
まとめ
申込方法 事前申込制です。こちらのPDFファイルを印刷し、必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込み下さい。(FAX:03-3580-9920)

参加申込書(PDF形式:351KB)

主催 日本弁護士連合会
問合せ先 日本弁護士連合会 法制部法制第二課
(TEL:03-3580-9925)

---引用終わり---
[PR]

by espans | 2008-05-27 17:17  

民法・商法・そして・・・

『私法70号』で読む商法と民法の交わらなさ(いとうDiary)
http://blog.livedoor.jp/assam_uva/archives/51397532.html

ローとエコ[補足] (いとうDiary)
http://blog.livedoor.jp/assam_uva/archives/51401557.html

民法と商法、概念法学と「法と経済学」(大意) (おおずぎBlog)
http://blog.livedoor.jp/leonhardt/archives/50573097.html

民商、概念と「経済学」(続編) (おおすぎBlog)
http://blog.livedoor.jp/leonhardt/archives/50574219.html

以下は、私の思いつきのコメントです。その辺を割りひいて読んで頂ければと思います。

・藤田先生のコメントに対して、いとう先生は民法研究者が反応を示していない点に不満のようですが、シンポジウムの進め方からすれば、やむを得ないように思いました。また、私の勝手な推測ですが、少なくとも、池田清治先生や、曽野裕夫先生は、民法の先生ですが、藤田先生のコメントに共感するところはあるのではないでしょうか。

・ちなみに、私は藤田先生のコメントには大筋で共感を覚えています(「私法」を読んだ限りで)。ただ、「実証研究以外認めない」という趣旨があったのであれば、その点は賛成できません。

・おおすぎ先生の考え方は、バランスのとれたものだと思いました。しかし、「バランス感覚」は、どちらの陣営からも「敵」とみなされる危険があるかもしれません。そもそも、「陣営」というものがあること自体が、実は問題のような気もしますが・・・。

・いとう先生の「ローとエコ[補足] 」の中で、いとう先生の「自分が書きたい論文を書いて公表することの方がよっぽど大事」の点には共感しています。
 「これからはヨコに書かれたものをタテにしたのではダメだ」という意見が多いように思いますが、実は意外にそうではないような気もします。外国法紹介という断りがあれば、そのような研究ももっとあってもよいと思います。例えば、企業買収の法理や買収防衛策について、日本で問題になる前に、アメリカの法理がもっと日本で紹介されていれば、それがヨコにしたものをタテにしただけに過ぎないものであっても、意味があったかもしれませんし、また、我が国の立法や裁判例の動向に影響を与えた可能性もあります。
 単なる外国法紹介ではダメ、という指摘はその通りかもしれません。しかし、その反動として、比較法と言いながら比較になっていなかったり、無理に外国法から示唆を得ようとして、むしろ研究として窮屈になる危険もあります。
[PR]

by espans | 2008-05-24 01:07  

黒沼悦郎先生のblog

ご紹介いただきました。ありがとうございます。

金融商品取引法
http://blogs.yahoo.co.jp/mousikos1960

商法・金融商品取引法がご専門の黒沼悦郎先生のblogです。
プライベートなトピックはなく、完全に金融商品取引法トピックのみに限定されています。

理想を言えば、会社法の学習には、金融商品取引法の学習が不可欠だと思います。
[PR]

by espans | 2008-05-21 16:39  

テレビ寺子屋-株券電子化の問題と対策

テレビ寺子屋 株券電子化の問題と対策<5/21 15:05>(日テレNEWS24)
http://www.news24.jp/109905.html

関係ありませんが、日テレNEWS24のOha4!の中田有紀キャスターのクールぶりが新鮮です。
(サラリーマンNEOにも出演中)

※自宅のコンピューターのディスプレイ故障のため、自宅以外の場所でしかblogの更新が出来ません。そのため、書き込みが滞っております。ご了承下さい。
[PR]

by espans | 2008-05-21 16:33