<   2008年 01月 ( 45 )   > この月の画像一覧

 

2月に相次いで出されます。

ビックネーム揃い。いずれも新世社より。

長谷部恭男『憲法 第4版』
http://www.saiensu.co.jp/?page=book_details&ISBN=ISBN978-4-88384-120-2&YEAR=2008

角紀代恵『基本講義 債権総論』
http://www.saiensu.co.jp/?page=book_details&ISBN=ISBN978-4-88384-122-6&YEAR=2008

伊東研祐『刑法総論』
http://www.saiensu.co.jp/?page=book_details&ISBN=ISBN978-4-88384-121-9&YEAR=2008
[PR]

by espans | 2008-01-31 20:04  

司法試験委員会会議(第42回)

司法試験委員会会議(第42回)議事要旨・配布資料(法務省ホームページ)
http://www.moj.go.jp/SHINGI/SHIHOU/071107.html

色々とありますが、以下に注目。

資料17 選択科目の平成19年新司法試験の採点実感等に関する意見
http://www.moj.go.jp/SHINGI/SHIHOU/071107-18.pdf
[PR]

by espans | 2008-01-31 19:51  

平成20年度新司法試験・受験会場

大阪と東京は増設されている模様です。

名古屋は昨年とは別会場となっています。
(愛知大学法科大学院のあるキャンパスです)

平成20年新司法試験の試験場(法務省ホームページ)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h20-17jissji.pdf

札幌市 北海道経済センター(札幌市中央区北1条西2丁目)

仙台市 東北学院大学土樋キャンパス(仙台市青葉区土樋1-3-1)

東京都 TOC(東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル13階)
サンシャインシティコンベンションセンターTOKYO(東京都豊島区東池袋3-1 文化会館)
TOC有明(東京都江東区有明2-5-7)

名古屋市 愛知大学車道キャンパス(名古屋市東区筒井2-10-31)

大阪市 マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋2-5)
大阪商工会議所(大阪市中央区本町橋2-8)

広島市 広島国際大学国際教育センター(広島市中区幟町1-5)

福岡市 南近代ビル(福岡市博多区博多駅南4-2-10)
[PR]

by espans | 2008-01-31 19:39  

男のチョコレート

みんなのニュース:男だけ!こだわりチョコ専門バー バレンタインでブレークか(毎日jp)
http://mainichi.jp/photo/news/20080130mog00m040023000c.html

[PR]

by espans | 2008-01-31 09:48  

aikoトピック2連発

aiko blog(Text & Photo by aiko)より。

***そや!***(Text & Photo by aiko)
http://aiko.weblogs.jp/main/2008/01/post-63eb.html

***おひさ***(Text & Photo by aiko)
http://aiko.weblogs.jp/main/2008/01/post-c4cf.html
[PR]

by espans | 2008-01-31 08:21  

長谷部恭男×爆笑問題

注目。

爆笑問題のニッポンの教養 | 次回放送予告
次回、2月5日の放送は FILE026:「みんなの憲法入門」
http://www.nhk.or.jp/bakumon/nexttime/

※上記情報は、shoyaさんのblogを通じて知りました。

長谷部先生の主張を全て咀嚼できたわけではありませんが、長谷部先生の憲法観、憲法改正観にはほぼ共感しています。

予告にもあるように、「憲法とはそのすべての価値観が公正な共存を図るためのものであり、どれかひとつの価値観を代表するものであってはならない」という点は、強く同感です。
[PR]

by espans | 2008-01-31 08:19  

テレビ寺子屋-株式大量保有報告書

昨今話題の「株式大量保有報告書」についての解説。

テレビ寺子屋 株式大量保有報告書の仕組み<1/30 17:53>(日テレNEWS24)
http://www.news24.jp/102229.html
[PR]

by espans | 2008-01-30 19:03  

期末試験監督の舞台裏

期末試験監督で考えたこと(いとう Diary ~ academic and private)
http://blog.livedoor.jp/assam_uva/archives/51289191.html

学生側は通常、期末試験を数個も受けているわけであって、
時によっては、同じ説明をまた聞かされるわけで、うんざりするわけです。

かといって、「もう、みなさん分かっていることだから、説明は省略します」というわけにもいかず(最初の期末試験の学生もいるから)、難しいところです。
[PR]

by espans | 2008-01-30 18:42  

賃貸借契約における更新料の位置づけ

裁判所の判断。

借り主の更新料返還請求を棄却
賃貸マンション訴訟 京都地裁判決(京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008013000063&genre=D1&area=K10

※もちろん、判決の原文は未読ですので、以下は報道からの印象論に過ぎません。

結論は請求棄却でしたが、これをもって「更新料取り放題」というわけではないでしょう。あくまで、個別具体的なケースに基づく判断だとは思います。

ただし、更新料一般が民法90条や、消費者契約法違反という主張も、厳しいものになったのかもしれません。

追加。
貸主側の弁護団等で構成されているホームページ

賃貸マンション更新料問題を考える会
http://www.koushinryou.net/index.html
[PR]

by espans | 2008-01-30 11:55  

これが中田裕康『債権総論』の一部

本日には店頭に並んでいると思います。
岩波書店のホームページにアップされていました。

中田裕康『債権総論』(岩波書店)
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/2/0230210.html

中田裕康『債権総論』(岩波書店)立ち読み
http://www.iwanami.co.jp/.PDFS/02/2/0230210.pdf

潮見先生の債権総論(プラクティス、法律学の森)の有力な対抗馬となることでしょう。
SシリーズorNOMIKA債権総論+中田先生or潮見先生の体系書
の組み合わせで、債権総論を学ばれるのが、最も有効だと私は思います。
(債権総論の「教科書」としては、既にご紹介しているように、NOMIKA債権総論を強くおすすめします)
[PR]

by espans | 2008-01-30 09:54