<   2007年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

賃料に対する物上代位の注意点

民法371条
「抵当権は、その担保する債権について不履行があったときは、その後に生じた抵当不動産の果実に及ぶ」

以上の条文から、次の事例はどうなるでしょうか。

[ケース]AはBに1億円を融資した。その担保のため、BはAのために所有の雑居ビル甲に抵当権を設定・登記した。甲には賃借人Cがいる。
ところが、Bは弁済期までに被担保債権を弁済できず、Aは抵当権を実行することにした。被担保債権の債務不履行前に、BからCに発生した賃料債権αについて、Cは未払い分があった。この未払い分について、Aは賃料債権αに物上代位することはできるか。

371条は、「その後に生じた抵当不動産の果実」となっており、被担保債権の債務不履行前に発生した果実(賃料債権)については、例え未履行(要は賃借人が債務不履行をしている)であっても、物上代位できない、との解釈になるとも考えられます。

しかし、このような解釈は一般的ではありません。

例えば、近江幸治『民法講義Ⅲ 担保物権〔第2版補訂版〕』(成文堂・2007年)140頁は、

「債務不履行後に生じた果実とは、債務不履行後に生じる果実はもちろん、その時点ですでに弁済期が到来していた未払賃料債権も、その対象となる」

と説明しています。

その理由付けとしては、次の説明が参考になります。

松岡久和「物上代位」鎌田薫ほか『民事法Ⅲ』(日本評論社・2005年)65頁以下。
「なお、新371条は、被担保債務の不履行後は、抵当権の効力が以後に生じた果実に及ぶと定式化し、法定果実も含めて抵当権の効力を明確化する意図であったと思われるが、この定式では、従来の解釈論(2003年改正前の解釈論-ESP補足)で債務不履行時以前にすでに発生している賃料債権に対しても物上代位ができると解されていたことと一見矛盾することになり問題である。改正の趣旨が従来の物上代位の取扱いを変えないというものであったとすれば、新371条は不動産収益執行の実体法上の基礎を明確化したにとどまり、法定果実に対する物上代位については、従来通り372条になると解することになろう」
[PR]

by espans | 2007-11-30 15:14  

倒産法概説・訂正表

訂正表です。

■倒産法概説訂正表
http://www.koubundou.co.jp/books/furoku/35373sub_seigohyo.html

山本和彦・中西正・笠井正俊・沖野眞已・水元宏典著『倒産法概説』
http://www.koubundou.co.jp/books/pages/35373.html
[PR]

by espans | 2007-11-30 14:17  

土日の意味。

創立記念日 (いとう Diary ~ academic and private)
http://blog.livedoor.jp/assam_uva/archives/51205570.html

「今日のような休みの日に研究室に来るかどうかは、学者がアクティブに活動しているかどうかのバロメーターの1つだ。私の指導教官は、私が大学院生だった頃も、ずっと、「土日にこそ研究室で仕事」というタイプの人だった。私もずっと、アクティブに研究をし続けたい。研究することが好きでこの仕事をやっているのだから」

見習いたい姿勢です。

土日に根つめて勉強、研究、とまで行かないのが私ですが、学部時代、授業のない土曜日もキャンパスに通い、人の少ない図書館、生協(食堂、書籍部)などをかえって楽しんでいました。
[PR]

by espans | 2007-11-30 13:59  

本を買って貧乏に。

[書籍]「刑法理論の史的展開」(内藤謙) (弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」)
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20071130#1196354338

「霞ヶ関の弁護士会館地下書店で見かけ、早速購入し、この価格ですから、財布が軽くなって一気に貧乏になってしまいました。本を買って、持っているお金が乏しくなる、というのは、貧乏しがいがある、という感じで、むしろ心地よいのが不思議です」

まったく同感です。
法律を勉強する者として、本を買うことに躊躇を感じてはならない、と思います。
[PR]

by espans | 2007-11-30 13:56  

ブルドックソース事件総括

このblogをごらんの方であれば、既に出版されているのをご存知であろうと思いますが。

別冊商事法務 311
ブルドックソース事件の法的検討
――買収防衛策に関する裁判経過と意義
http://www.shojihomu.co.jp/newbooks/5145.html

近くの書籍店で立ち読みをしましたが、意外な方の鑑定意見書があり驚きです。

以前にも書いたように、ブルドックソース事件は、実務的にはもちろん、理論的にも興味深いので、学習・研究のために手元においても損はない一冊ですが、いかんせん高いですね。
[PR]

by espans | 2007-11-29 20:05  

どーも。

本人は否定しております。

どーも。(若槻千夏の『マーボー豆腐は飲み物です』)
http://ameblo.jp/wakatsuki/entry-10057456743.html
[PR]

by espans | 2007-11-28 01:24  

企業買収と株主総会

ジュリスト最新号の特集です。

ジュリスト 2007.12.1号(No.1346)定価1250円
http://www.yuhikaku.co.jp/jurist/index.html

【特集】企業買収と株主総会
◇買収防衛策と判例の展開――ニッポン放送事件からの流れ●田中 亘
◇ブルドックソース事件と株主総会の判断の尊重●中東正文
◇企業買収ルールとしての公開買付規制●黒沼悦郎
◇会社法下の株主提案権●太田 洋
◇委任状勧誘●酒井太郎
◇株式買取請求権●松尾健一

ブルドックソース事件は、まさに実務の最先端と言うべき事件かもしれませんが、株主総会の判断で、株主を排除することができるのか、またできるとすれば、どのような要件が必要なのか。会社法の理論上、極めて興味深いテーマを提供しており、深く勉強する価値があると言ってよいと思います(法科大学院の演習の格好の素材だと思います)。

自分自身の考えは固まっておりませんが、「特別決議があればいいんだ」というような安易な考えは、少なくともとらないと思います(逆を言えば、特別決議は必要条件でもないと思っております)。
[PR]

by espans | 2007-11-28 00:25  

有斐閣新刊

注目している本が多数。

有斐閣 刊行予定一覧(2007年11月26日現在)
http://www.yuhikaku.co.jp/newbooks/comesoon.html

潮見佳男『入門民法(全)』
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00026.html

前田雅弘=洲崎博史=北村雅史『会社法事例演習教材』
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00027.html
※以前ご紹介した本です。

渋谷秀樹『憲法』
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00028.html

川井健『民法入門 第6版』
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00031.html

松井茂記『日本国憲法 第3版』
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00032.html

最高裁 時の判例5(平成15年~平成17年)
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00039.html

弥永真生『リーガルマインド会社法 第11版』
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00025.html
[PR]

by espans | 2007-11-26 09:56  

違憲審査基準を相対的にみるということ

法学セミナー12月号より。
http://www.nippyo.co.jp/maga_housemi/hg0712.htm

[ロー・ジャーナル]
阪口正二郎「学部におけるディベートのすすめ」5頁。
「では、なぜ学部生たちのディベートが法科大学院生たちの議論より面白い、あるいは議論のレヴェルが高いと法科大学院で教える教員を驚かせたのであろうか。一つは学部の学生たちの方が問題を素直な目で分析していたように思われることである。法科大学院の学生たちはよかれあしかれ司法試験を念頭においてものを考えがちであり、どう答案を書けばいいのかということに関心を集中しがちである。自分たちが習ってきた考え方からすればどういう法律問題なのかということを先に考え、その枠組みの型に事案を流し込んで分析しがちである。これに対して学部学生たちはいったいこの事案で誰がどう困るのかをまず考え、そこからそれを法律論にすればどのような主張が可能かを考えていたように思われる。もう一つは、学部学生ディベートの際に違憲審査基準論に頼るのではなく、もっぱら実体的な議論を中心に論じていたことである。本来、違憲審査基準は問題を解決する際の手段に過ぎないし、また必要不可欠な手段でもないはずであるが、法科大学院生は違憲審査基準を絶対視しがちである
※強調、アンダーラインはESPによります。

なお、これまでの新司法試験の憲法論文式問題(公法系第1問)を見る限りでは、違憲審査基準論を安易に定立した上で、その基準に従い、あてはめ=問題文を書き写せば高得点がとれる問題には、到底思えません。

違憲審査基準論を全否定するものではありませんが、違憲審査基準論先ありきでは、本末転倒なのだと思います(その意味では、民法と要件事実の関係に近いものがあるのかもしれません)。

違憲審査基準先ありきの憲法論に毒されないためには、有名な憲法判例を丹念に読むことが、必要のように思います。
[PR]

by espans | 2007-11-24 22:39  

インターネットで会社法-株券電子化

教科書を読む前に。

株券の電子化・質疑応答(三菱UFJ証券)
http://www.sc.mufg.jp/guidance/kabuken/course2.html

株券の電子化・用語解説(三菱UFJ証券)
http://www.sc.mufg.jp/guidance/kabuken/glossary.html
[PR]

by espans | 2007-11-23 20:09