佐久間先生の『民法の基礎1』が改訂へ

佐久間毅『民法の基礎1 総則 第3版』
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00056.html

一般法人法・公益法人法の制定に対応するようです。

京都大学出身の先生と言うと、判例・通説に果敢にチャレンジ、という傾向が強く、教科書にもそれが出ている先生が多いように思います(その代表格が、潮見佳男先生。もちろん、学生向けのテキストでは、判例・通説の説明がなされています。が、判例・通説の説明が、独特なところもあるような気がします)。
しかし、佐久間先生の教科書は、判例の考え方を丁寧に、正確に説明されており、入門者から上級者まで幅広くすすめられる一冊だと思います。特に、『民法の基礎2 物権』は、現時点で物権総論分野で最も優れた教科書だと思います。

改訂が楽しみです。
[PR]

by espans | 2008-03-27 08:36  

<< 刑事訴訟法のテキストとして 法律書新刊ラッシュの季節 >>